シュナイダー 小型サーバラック、エッジ環境向け設置OK

シュナイダーエレクトリックは、サーバラック「NetShelter(ネットシェルター)SX」シリーズから、エッジ環境向けに12Uと18Uサイズの小型サーバラックを発売、11月22日から受注開始した。

新製品は、スペースが限られるエッジ環境でも設置できる小型のサーバラック。同社のUPS(無停電電源装置)、物理セキュリティと環境監視を行う「NetBotz(ネットボッツ)」、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxure IT Expert(エコストラクチャー アイティ エキスパート)」を組み合わせることによって、可用性を高め、かつ遠隔地やIT管理者が常駐していないエッジ環境でもITインフラ設備を監視・保護することができ、安心して運用することができる。

データセンターやサーバルームで多く使用されるサーバラック「NetShelter SX」と同じ形状・操作性のため、ケーブルマネジメントやブランクパネルなどさまざまなNetShelterシリーズ用アクセサリーが使用可能。

NetShelter SX 12Uに、UPSやNetBotzを搭載したイメージ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG