インダストリアル-X セキュリティ 新会社を設立、製造業のセキュリティ確保へ

2019年11月27日

経営コンサルティングのINDUSTRIAL-X(IX、東京都渋谷区、八子知礼社長)は、製造業を中心としたトータルセキュリティソリューションを提供する新会社として「INDUSTRIAL-X SECURITY」(IXS、東京都港区、八子社長)を、11月14日(木)に設立した。

新会社は、セキュリティ対策が急務となっているFAやPAを中心とした製造業でのネットワークのグランドデザイン構築から各種フィールド領域のセキュリティシステム実装・運用までのトータルセキュリティソリューションを提供する。

事業推進にあたりIXSは、製造・物流のスマート化を一貫サポートするファクトリービルダーコンソーシアム「Team Cross FA」(TXFA)と連携。取締役に、TXFAの幹事会社であるオフィス エフエイ・コム(栃木県小山市)の飯野英城社長と、FAプロダクツ(東京都港区)の天野眞也会長が加わった。

製造業では、現場からのデータ吸い上げによる見える化が現在は中心となっている。しかし、今後はデータ収集だけでなく、現場の制御や自動化までに踏み込んだ情報活用が重要となってくることが見込まれ、トータルなセキュリティ確保が必須となる。

IXSは、IoTの延長線上にあるデジタルツイン実現にあたり、各種フィールド領域にまで踏み込んだトータルセキュリティソリューションを提供することで、現場の制御/自動化の安全を担保し、インダストリアルトランスフォーメーションを推進していく。

新会社設立で会見したIXSの(左から)天野眞也取締役、八子智礼代表取締役社長、飯野英城取締役