日東工業 タイに盤の新工場建設、製販一貫体制を確立

2019年11月13日

日東工業とタイ・BANGKOK SHEET METAL PUBLIC(BM社)の合弁会社、NITTO KOGYO BM(THAILAND)(NBT社)は、タイ・アユタヤ県に工場を建設する。2020年11月に稼働する予定。

日東工業は、15年3月にタイにおける内資型販売会社として、NITTO KOGYO TRADING(THAILAND)(現NBT社)を設立、キャビネットの輸入販売、現地生産の配・分電盤販売を行ってきた。17年11月には販路拡大を目的に日東工業とBM社で株主間契約を締結し、共同でNBT社の事業を行っている。

今回、NBT社がタイ市場への本格参入を図るため、工場を建設することにした。

工場の敷地面積は1万9546平方メートル、建物面積は9753平方メートル。キャビネット、配・分電盤などを生産する。投資金額は約11億5000万円。

この工場建設により、製販一貫体制を確立し、コスト競争力、納期対応力、品質をより高め、事業拡大と収益力強化を図る。