日東工業が所蔵品公開、イオンモール長久手 500人超す親子連れ来場

日東工業は、このほど愛知県長久手市の各地で開かれた「ながくてアートフェスティバル2019」のイオンモール長久手イオンホール会場で「日東工業所蔵品展」を開催した。

同社は、愛知県立芸術大学出身の作家や地元の作家を中心とした数多くのアート作品を所蔵している。地元の方に気軽にアート作品に触れてもらい、地元の作家さんたちも盛り上げたい、との思いから、今回初めて無料で一般公開した。愛知県立芸術大学の大塚道男名誉教授のギャラリートークも開催した。

子ども向けには、同社キャラクターのソーライオンをモチーフにしたトートバック作り、オリジナル缶バッジ作りなど4種類の無料ワークショップも実施。

500人を超える多くの親子連れが来場し、普段接することがない美術品を無料で見たり、ワークショップに参加したりして、楽しみながら良い経験ができていた。

同社は、今後も地元に密着し地元の方に寄り添える企業を目指して、イベントなどで協力していく。

ワークショップ参加者

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG