パトライト 東京本社に「IoTラボ」、効果や改善方法体験

パトライトは、東京本社(東京都品川区)に10月1日、IoT製品の導入効果や改善方法を体験・体感できるショールーム「IoTラボ」を新設した。

同社は2018年から三田工場(兵庫県三田市)を「魅せる化工場」として公開しており、18年度は337社が訪れるという反響があった。

今回、三田工場までなかなか足を運べない東日本エリアなどの企業を対象に、ソリューション提案型のショールームを東京に開設。JR大崎駅直結のアクセス良好な場所となっている。

新設のIoTラボは、IoT製品を導入・活用した生産ラインのリアルな現場を再現しており、同社の簡単IoT製品を活用したソリューションのセミナー、三田工場に導入している現場改善事例の動画紹介、セルや製品置場を“見て・触れる”体験などができる。ディスカッション形式で質問や情報交換会も行われ、約2時間のメニューで構成されている。

事前予約制。IoTラボ 利用申し込み案内はコチラ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG