オプテックス・エフエー “センサの日”を記念「第六回現場川柳」募集

2019年10月16日

オプテックス・エフエーは、第6回目となる「現場川柳」の募集を、10月3日から開始した。

同募集は、ものづくりに関する製造・開発設計・物流・営業など、あらゆる現場にまつわる川柳を募集する企画で、同社が申請し、日本記念日協会の認定を受けた“センサの日(10月3日)”を記念して実施している。

18年に募集を行った第5回目では、応募総数が過去最高の1万2359作品となり、
「5か国語 タダで学べる 我が現場 (ミス現場さん)」 が大賞を受賞した。

元エンジニア漫画家の見ル野栄司氏を迎え、社内選考委員とともに厳選なる選考が行われる。

大賞(1作品)、優秀賞(3作品)、見ル野賞(1作品)、入賞(10作品)を選出し、受賞者には商品券と書籍『現場川柳~ライバルは昔同期で今はロボ~』を進呈。選考結果の発表は、20年1月下旬を予定している。

募集は12月15日まで。応募方法や、見ル野氏のイラスト付きの過去受賞作品はホームページ(https://www.optex-fa.jp/senryu/)から。