横河電機 商用産業環境で初、モジュール・タイプ・パッケージ規格利用

横河電機は、特殊化学品メーカーのEvonik社が主導するパイロットプロジェクトで、シーメンスやEvonik社などとの協業により、商用産業環境で初となるモジュール・タイプ・パッケージ(MTP)規格を利用した。

現在の化学業界は、生産の柔軟性の拡大、市場投入までの時間の短縮などの課題を抱えており、これらに対応するため、ドイツのプロセス業界オートメーションシステムユーザー団体のNAMURにより、適応性のあるモジュール型プラントにおける通信と接続の問題を解決するMTPが開発された。

MTPは、プロセスモジュールまたはパッケージユニットについて標準化された仕様を提示し、オートメーションシステムの効率的な導入や、時間と資金の節約を可能にする。

今回、このMTPを利用し、Evonik社の生産プラントに冷却装置パッケージを導入。横河電機が開発したMTPインポートツールによって、シーメンスのPLCに横河電機の統合生産制御システム(DCS)の接続を実現。冷却プロセスをPLCでシミュレーションして、その状況をDCSのMTP操作画面で監視が可能となった。その後、Evonik社の生産現場でコミッショニングを実施し、MTP規格の実用的な利点を実証したとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG