「関西 スマートエネルギーWeek」9月25日~27日 インテックス大阪、国内外の最新技術を体感!

2019年9月18日

2019年9月25日(水)~27日(金)
会場:インテックス大阪

5展同時開催、320社が出展

写真は2018年の関西展での様子

新エネルギー業界の国際展示会「[関西]スマートエネルギーWeek 2019」(主催=リード エグジビション ジャパン)が、9月25日(水)~27日(金)の3日間、インテックス大阪で開催される。

太陽光、蓄電池、バイオマス、火力、電力向けITソリューションなど関連5分野で構成。業界のリーディングカンパニーによるセミナーも多数実施される。

開場時間は10時~17時、入場料は5000円(Web事前申し込み、招待券持参者は無料)。

 

スマートエネルギーWeekは、省・創・蓄エネに加え、スマートシティ、再エネ資源リサイクルに関する技術・製品・サービスが集結する新エネルギー業界の国際商談展で、年2回、東京と大阪で開催されている。

関西展7回目となる今回は、初出展80社を含む320社が最新の製品や技術を展示し、市場の最前線を体感できる展示会となっている。新製品・技術・サービスを紹介することで新たなビジネス機会を創出し、来場者の課題解決や製品導入・商談の場を提供する。「研究・開発の課題を解決する製品・技術を探している」「国内外の最新技術を一度に比較したいが時間がない」などの悩みを抱える来場者に絶好の場となっている。

同展はインテックス大阪3・4号館を使用して、「太陽光発電展」「二次電池展」「スマートグリッドEXPO」「バイオマス展」「火力発電EXPO」の5展で構成されている。

 

第7回 [関西]太陽光発電展

太陽光発電所の建設から保守・運用まで、あらゆる製品・サービスが出展する専門展。太陽光発電の遠隔監視システムや太陽光パネル洗浄機、太陽電池点検サービスなど、売電収入や発電量を高く保つためのO&M(オペレーション&メンテナンス)が勢ぞろいする。

また、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)や太陽電池など、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)を建てるにあたって必要な製品や技術を紹介。

 

第6回 [関西]二次電池展

電池を構成する材料から、製造・分析・試験装置、完成品まで出展する電池開発・製造のための技術展。

富士経済の調査によると、二次電池産業の2030年の市場規模は、電力貯蔵分野向けで18年比2.3倍の1兆8819億円、自動車分野向けでは18年比3.8倍の14兆9610億円に達すると予測されている。

電動化のための部材、検査装置、製造装置、次世代電池の研究開発・製造に必要な最新技術や装置など、EVの普及や再生可能エネルギーの導入拡大に伴い、需要が拡大する蓄電池ビジネスの最前線が集結する。

 

第6回 [関西]スマートグリッドEXPO

スマートグリッド構築やVPP(バーチャルパワープラント)など、次世代電力システムに関する総合展。

VPPサービスプラットフォーム、分散電源の最適化演算パッケージシステム、蓄電池用パワーコンディショナ、トータル蓄電システム、AIによる省エネ/省電力サービスなどが出展される。

 

第4回 [関西]バイオマス展

太陽光・風力に次ぎ、再エネの柱として注目が集まるバイオマスエネルギーの利活用に関連する専門展。

乾式メタン発酵システムや食品廃棄物メタン発酵システム、バイオガス発電コージェネレーションシステムなどのバイオガス発電技術、木質ガス化発電装置や小型熱電併給装置など、熱と電力の両方を供給する熱電供給装置の紹介、中小型バイオマス発電導入セミナーなどを実施する。

 

第3回 [関西]火力発電EXPO

低炭素社会の実現に向けて、注目が集まる高効率・環境負荷の少ない次世代火力発電システム。同展は発電プラントの建設・保守運用に必要な制御システム、エンジニアリング技術、プラント部品、タービン、ボイラなどがそろう商談展。

発電プラントの保守業務を効率化する保全カルテシステム、緩み止めワッシャー、建築・土木の生産支援クラウド、ドローン煙突点検などが出展する。

 

業界展望など全90講演

期間中は、業界のキーマンによる全90講演のセミナーを実施。

基調講演は、太陽光発電展が、経済産業省とSBエナジーによる「主力電源としての太陽光発電 ~我が国の政策とビジネス展望~」、二次電池展は、マクセルホールディングスとTesla Motors Japanによる「業界トップが語る蓄電池ビジネスの今」、スマートグリッドEXPOは、関西電力と三菱電機による「業界トップによる分散エネルギー社会に向けた挑戦!」、バイオマス展は、農林水産省と福岡県みやま市による「期待が集まるバイオマス資源の利活用と資源循環まちづくり」、火力発電EXPOは、電源開発と新エネルギー・産業技術総合開発機構による「低炭素・高効率な次世代火力発電への取組みと将来展望」を実施する。

このほか、各種特別講演、革新電池技術セミナー、太陽光発電展専門セミナー、O&M/資産管理セミナー、[次世代]火力発電セミナー、スマートグリッドEXPO専門技術セミナー、VPP実証事業報告セミナーなど、多彩なセミナープログラムを用意。