HMS調査 製造業の5G対応、半数が肯定的回答

産業用通信とIIoTソリューションを手がけるスウェーデン・HMSインダストリアルネットワークス社は、5Gの製造業での対応で業界専門家50人へ2019年春に調査を実施した。

その結果、半数以上(54%)が、設備のリモートモニタリングやリモート操作にワイヤレス通信ソリューションを使用し、3分の1(34%)が社内のさまざまなIIoTでワイヤレス通信を使用していると回答した。

また、半数(48%)が、製造業における5Gについて明らかに肯定的で、その多くが現在使用されているケーブルや信頼性の低いWi-Fi、多くの産業用通信規格が5Gテクノロジーに取って代わるであろうことを高く評価している。

さらに、回答者の過半数(58%)が、5Gを採用するかどうかの判断で決定的なポイントになるのは、ワイヤレス通信システムの信頼性とロバスト性だと回答。この回答はOTとITの両分野から寄せられている。

そのほか、4分の1以上(26%)が低遅延性も重要だとしている。

HMSプログラムマネージャーのマルセラ・アルジン氏は「今回の調査結果から、産業用通信で5Gを使用するメリットについて産業界の認識がますます高まっていることが明確になった。産業界が本当に必要としているのは技術的な情報と具体的な活用事例である」と語っている。

なお、同社ではこの結果をホワイトペーパーとして公開している。
https://www.hms-networks.com/industrial-iot-solutions/5G/ready

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG