ダッソー・システムズとSATS 3Dデジタルツイン構築、航空機内のキッチン業務強化

2019年8月28日

ダッソー・システムズと、アジアにおける食品ソリューションおよびゲートウェイ・サービスを提供するSATSは、SATSの航空機内のキッチン業務を強化するため、セントラルキッチンのデジタルツイン・エクスペリエンスを導入。

この導入は、ダッソー・システムズのクラウド版3DEXPERIENCEプラットフォームを活用して、バーチャル・キッチンの3Dデジタルツインを構築するもので、機内ケータリングに導入するのは今回が初めてとなる。

あらゆるプロセス・データと情報を3Dバーチャル環境に一元的に統合することで、運用管理の上で必要な整合性のとれた情報管理を実現。バーチャル環境と現場の業務を照合し、モデリング、シミュレーション、分析を行い、キッチンに関するリソースを最適化することが可能となる。生産スケジュールの改善やボトルネックの解消、原材料の使用状況をより的確に予測することで、食品の無駄を削減することができるようになる。