産業用ロボット・ 自動化システムの専門展「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN」 9月2日から出展募集を開始

2019年8月27日

国内最大級の工作機械見本市メカトロテックジャパン(MECT)を主催するニュースダイジェスト社(名古屋市千種区)と愛知県機械工具商業協同組合(理事長・水谷隆彦)は、2020年7月に初開催するFA(ファクトリーオートメーション)ロボットと自動化システムの専門展「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN(ロボットテクノロジージャパン)2020」の出展募集を、9月2日から開始する。

「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN」は、金属部品加工や食品などの生産現場や物流拠点を対象とした、産業用ロボットと自動化システムの専門展。

生産現場で自動化や省人化を推進するための産業用ロボットやその構成機器、ロボットハンド、各種センサー、物流拠点などで利用される自動倉庫や無人搬送車(AGV)、また、工作機械・食品機械・包装機械・物流機械などにセットアップした各種システムや自動化に関するAI・IoT関連ソフト、 装置などが主な出展対象製品となる(受付や介護などに使われるサービスロボットは対象外)。

また、同展ではロボットの設置やシステムの構築を担当する「ロボットシステムインテグレーター(SIer)」専用の展示ゾーンを設置。 一般の展示ゾーンよりも25%ほど出展料を安価に設定し、 具体的な自動化システムの展示の増加につなげ、SIerの商機拡大に貢献するとしている。

 

ニュースダイジェス ト社 樋口八郎社長のコメント

「“ものづくり中部”のさらなる発展には、産業用ロボットを活用した省人化、自動化が必須です。 しかし、現状では、 産業用ロボットや自動化システムの本格的な専門展がなく、 メーカーや商社にとっては 「高まるニーズに反し、 提案場所がない」 という状態でした。 本展をきっかけにロボットの活用が進むことを期待します」

 

ROBOT TECHNOLOGY JAPAN2020 開催概要

  • 会場:愛知県国際展示場 (Aichi Sky Expo)
  • 開催期間:2020年7月2日(木)~7月4日(土)の3日間
  • 開場時間:10:00~17:00
  • 主催:株式会社ニュースダイジェスト社
  • 共催:愛知県機械工具商業協同組合
  • 目標開催規模:200社・800小間
  • 目標来場者数:30,000人
  • 対象来場者:生産現場、物流拠点でロボット導入を考えるユーザー(自動車などの製造業、物流、食品・医療品・化粧品産業など)、システムインテグレーター、商社など
  • 対象用途:溶接、研磨、ハンドリング、検査、塗装、バリ取り、搬送、特殊作業、成形品取り出し、組み立て、はんだ付け、パワーアシスト、包装、洗浄、ピッキング、生産効率向上、省人化関連システムなど
  • 対象出展者: ロボットメーカー、 周辺機器メーカー、 システムインテグレーター、 商社など
  • 対象出展製品:垂直多関節・水平多関節・パラレルリンク・直交・協働など各種産業用ロボット、ガントリーローダー、AGV、自動倉庫、ソーター、マテハン装置・機器、ピッキングシステム、その他物流機器、各種ハンド、ロボット構成部品、周辺機器、各種センサー・制御機器、ソフトウエア、AI・IoT関連装置およびシステム、ロボット搭載機械・装置、自動化技術提案など ※サービスロボットは対象外です
  • 出展料金:一般ゾーン 34万円+税(1小間=2,970×2,970mm)
    SIerゾーンA 25万円+税(1小間=2,970×2,970mm)
    SIerゾーンB 15万円+税 (1小間=1,980×1,980mm)
  • 出展募集期間:2019年9月2日(月)~2020年1月31日(金) ※出展申し込み締め切り日前であっても、 満小間の場合は出展受け付けを終了いたします

 

愛知県国際展示場 (Aichi Sky Expo) について

2019年8月末に開業する愛知県最大規模の国際展示場。 総展示面積は60,000㎡。 中部国際空港に隣接し、 総合保税地域の機能を活用した国内で唯一の常設保税展示場。

 

「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN」公式サイト