フエニックス・コンタクト 側面接続プッシュイン端子台「PTVシリーズ」

2019年8月28日

端子上部の高さ気にせず配線

フエニックス・コンタクトは「プッシュイン接続」を採用した端子台をシリーズ化しているが、昨今の省工数化ニーズの高まりもあり、急速に採用が増加している。用途も、自動車、工作機械、半導体製造装置、食品機械、船舶、信号、電力などに加え、最近は建設関係での採用も増えている。

このほど販売を開始した側面接続プッシュイン端子台「PTVシリーズ」は、業界初の端子の側面から導線を挿入できるもので、設置高さ方向のスペースに余裕のない場合でも配線が容易に行え、すっきりとした配線で導線と接続のマーキング認識性も向上する。

また、丸端などのネジ式配線接続式と方向が同じのため、ネジ式端子台からの切り替えも進めやすい。さらに、側面配線のため、ケーブルダクトまでの配線曲げも不要になる。

接続方法はプッシュイン接続のため、工具不要で挿し込むだけで完了し、最大50%の工数を削減できるほか、増し締め作業なども無しで、高い接続信頼性を発揮できる。

標準アクセサリーは、CLIPLINEcompleteを使用できる。

http://www.phoenixcontact.co.jp/