ZWSOFT、さらなるスピードアップを実現、CADソリューション「ZWCAD 2020」発表

2019年7月25日

製造業界向けCAD/CAMソリューションのサプライヤーであるZWSOFT社(中国・広州)は、DWG対応CADソリューションの最新版「ZWCAD 2020」を発表した。

新製品はマルチコアプロセッサーテクノロジーを使用し、既存の「ZWCAD 2019」と比較して、よく使用されるコマンドと操作は平均150%、図面展開は32.4%、図面読み取りは73.5%速くなり、性能が飛躍的に向上。操作の安定性はそのままに、更なるスピードアップを実現している。

「ZWCAD 2019 SP2」と「ZWCAD 2020」の180MB 図面展開比較

 

1つのテーブルで必要なデータを一括管理

データ抽出機能により、オブジェクトのさまざまなプロパティやデータを抽出し、それらを編集中の図面にテーブルとして挿入することができるようになった。また、それらを.csv/.xls形式の外部ファイルにエクスポートすることも可能。測定や購入のためにプロジェクトデータが必要な場合は、より効率的に図面からデータを抽出することができる。

 

1つのダイアログボックスですべてのPDFアンダーレイを管理

ZWCAD 2019では、すでにPDFデータをアンダーレイとして.dwg図面に挿入できたが、ZWCAD 2020のPDF アンダーレイマネージャーを使用すると、参照されている各PDFファイルの基本情報を明確に確認でき、PDFリーダーで直接開くことや、それらが配置されている場所を簡単に見つけ、デタッチして図面を確認しやすくすることも可能。

PDFアンダーレイマネージャー

 

注釈スケールを一括でリセット可能

図面に注釈が多すぎるとパフォーマンスが低下するが、そういった図面を開く場合、不要なスケールリストを削除して注釈スケールリストをデフォルトの状態にすることが可能になった。確認ポップアップ画面で「Yes」を選択すると、スムーズで効率的な設計作業ができるようになる。

注釈尺度リストのリセット確認

注釈スケールリストのリセット前(左)とリセット後(右)

 

詳細:「ZWCAD 2020」