グラフテック、バッテリー駆動で持ち運び可能 記録データ出力用サーマルプリンタ

グラフテック(横浜市戸塚区)は、データロガーGLシリーズ向けの出力用サーマルプリンタ「DP−581H」を6月中旬から発売した。

ペーパーレス化が主流の昨今、データロガーGLシリーズはデジタルデータ収録が行える装置として小型データロガー市場に貢献しているが、測定データの改ざん防止や視認性などにより、一部の市場には紙出力のニーズもある。こうした要望に応えるため、リアルタイムで記録データの紙出力ができる携帯型サーマルプリンタが登場した。

新製品は、専用のリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、持ち運びに便利なコンパクトサイズ。GLシリーズの2000と980は、USB接続で使用が可能。また、夏以降はオプションの無線LANユニットを装着することで、GL240とGL840が計測現場から離れた場所でもプリントアウトができるようになる。

波形記録は、ダイレクト波形をはじめY−Tリアルタイム記録、Y−T再生データ記録、ロギング印字、再生データのロギング印字、XY記録、積算棒グラフ記録など、様々な記録形態に対応する。

価格は16万円、初年度の販売予定台数は300台。

外形寸法は、約312×109×66.5mm

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG