シーシーエス 京都AIラボを開設、画像処理におけるAI導入をサポート

画像処理検査⽤LED照明メーカーのシーシーエス(京都市上京区)は、AIを活⽤した検査環境の提案を加速するため、京都本社内にAIラボを開設し、6⽉17⽇から運営を開始した。

近年、⼈⼿不⾜の解消や品質の向上を⽬的として、産業⽤途へのAIの活⽤ニーズが急速に⾼まっている。

同社は、AIによる画像認識においても、検査環境および検査対象に最適な照明・カメラ・レンズの提案を⾏い、より⾼い認識精度、安定した判定を実現するために、2018年7⽉に東京営業所内にAIラボを開設し、検査プロセスにおけるAI導⼊のサポートを⾏っている。

今回、京都AI ラボを開設することで、⻄⽇本におけるユーザーへのAI導⼊⽀援の強化に注⼒していく計画としている。

 

① 豊富に取り揃えた照明・カメラ・レンズの最適選択と条件出しで、AIが認識しやすい画像取得を実現

② マシンビジョンに特化したAIを複数種類⽤意しており、検査対象物や検査環境に応じた検証が可能

③ 数⼗〜千個程度のサンプルを撮像する実証実験(n増し)について、同社で受託実施が可能であり、取得した撮像データを基に検証を⾏うことで、ユーザーのAI導⼊における⼯数の⼤幅低減を実現する

これらの提案によって、同社はユーザーの画像処理におけるAI導⼊を強⼒にサポートしていくという。

 

▼AI による画像分析例(茶葉の異物混⼊分析)

※写真はイメージ

 

■概要
シーシーエス 京都AI ラボ
開設⽇ :2019年6⽉17⽇(⽉)
所在地 :京都市上京区室町通出⽔上ル近衛町38 番地
問合せ先:シーシーエス株式会社 京都本社 MV ソリューション課
TEL:075-415-8277

 

出典:シーシーエス「京都AIラボ開設のお知らせ」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG