モトローラ 無線ソリューション「WAVEブロードバンド無線システム」

業務用無線はノイズが飛び交う場所でも確実につながる信頼性と、本体の耐久性によって長く現場で愛用され、今も変わらず現場のコミュニケーションを支えている。

一方でWiFiやLTEといった無線通信も現場に普及している。しかし現状は、これら2つは別物として存在し、もっと便利につながれば現場のコミュニケーションが円滑になり、生産性を上げることができるはず。

モトローラ・ソリューションズは広域LTEネットワークを使用して、シームレスにつなぐソリューション「WAVEブロードバンド無線システム」を通じ、それを実現する。

 

現場の円滑なコミュニケーション基盤に

「WAVEブロードバンド無線システム」は、業務用無線の使い勝手をWiFiやLTEのネットワークに統合し、多様な機器(PTT無線機、モバイルデバイス等)を超えて、一斉同報のプッシュ・ツー・トーク(PTT)ができる無線サービス。広域LTEネットワーク網を使って通信ができ、域内に限られていた業務用無線の枠を超えて広範囲で密なコミュニケーションを実現する。

業務用無線の強みの通信の即時性と容易さに加え、ブロードバンド通信の特長でもあるテキストや写真、動画ファイル等を添付しての通信も可能。

また「WAVE管理コンソール」によって末端の機器を集中管理もできる。WAVE管理コンソールを司令部として、全体を見ながらPTTによる一斉同報や各機器への指示といったコミュニケーションも可能となっている。

 

使い方は、WAVEブロードバンドPTT「TLK100」と、Android・iOSのアプリ「WAVEブロードバンドPTTモバイルアプリ」をインストールしたモバイルデバイスを活用するだけ。

専用インフラを整備することなく、通常の業務用無線で使っているようなPTT環境を簡単に低コストで構築できる。利用料金も毎月固定で、経費管理の手間も少なくて済む。

音声通信に特化した専用機、WAVEブロードバンドPTT「TLK100」はクリアな音質と位置情報サービス、WiFiにも対応。片手での操作に適した薄くてスリムデザインで、現場やオフィスなど場所を問わずスムーズに使える。

バッテリは18時間の長時間対応。雨や粉塵、落下、高温/低温など過酷環境でも安心して使うことができ、安定した空間から過酷環境までさまざまな状況が混在する現場で活躍する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG