オムロン 温度状態監視機器、盤内温度異常を早期検知

2019年6月19日

オムロンは、制御盤や配電盤などの盤内にある機器の温度を監視する、温度状態監視機器「K6PM-TH」を6月3日から順次発売した。

従来は、ベテランの保全員が盤内の温度データをサーモグラフィーなどを用いて収集・解析し、設備異常の傾向を把握していたが、近年、設備や装置の高機能化による点検箇所の増加や、保全員の人手不足による点検頻度の低下などで事故発生リスクが高まっている。

新製品は、本体と非接触温度センサ、専用ソフトウエアの構成により、工場内のあらゆる盤の温度を常に監視し、蓄積したデータを自動解析して到達温度を予測。独自のアルゴリズムを活用し、予知保全を行うことができる。

外気温度の影響を受ける場所でも、対象機器の温度上昇のみを捉える差温検出アルゴリズムで、早期に異常の傾向を把握することが可能。

コンパクトな非接触温度センサは、狭い盤内でも少ないセンサ数で遠隔監視ができ、省人化・点数工数の削減を図ることができる。

さらに、温度データや熱画像を表示するツールによって簡単に測定結果の分析・判断が行えるため特別なスキルは不要。各機器に最適なしきい値を自動設定できるため、熟練者でなくても保全が可能になる。