シナプスとNTTデータ、業務改善提案強化へ連携

2019年6月19日

生産管理中心に各種データを可視化に

製造業向けにITソリューションを手がけるシナプスイノベーション(大阪市北区)と、ERPパッケージソフトウエアを提供するNTTデータ・ビズインテグラル(東京都港区)は、生産管理を中心とする製造業向けソリューション「J WALD(ジェイ バルト)」と、ERPパッケージソフトウエア「Biz∫(ビズインテグラル)」を連携し、製造業の業務プロセス改善に向けた提案を強化する。

グループ経営や複数工場の操業、多品種生産を行うような製造業では、製造現場や品種ごとにそのプロセス、管理手法、原価計算方法などが異なり、それぞれに適した個別のシステム導入が必要だったり、IT投資や保守費用が高額になることがある。

今回の取り組みにより提供されるソリューションは、各製造現場の情報(生産状況・原価・販売・購買・在庫など)と会計情報(財務会計・管理会計)、各マスタ情報(取引先など)を連携させ、IoT技術をもとに工場設備のデータを集約し、生産情報と紐づけ・可視化・分析することが可能になる。

これによって、経営層から製造現場、経理担当まで、幅広い業務の効率化・意思決定の迅速化を図ることができる。