ams ソリッドステートLiDAR、独2社に提供

2019年6月5日

amsジャパン(東京都港区)は、オートモーティブLiDARセンサーの専門メーカー、独・イビオ・オートモーティブ・システム社と、優れたモビリティ技術の有する同・ZFフリードリヒスハーフェン社と提携し、2021年までにこの技術を迅速かつ安全に導入を進める研究開発を共同で進める。

LiDARは、周囲の物体へレーザー光を照射し、物体の反射を検出することで距離と方角を測定する光学センシング技術。優れた距離と解像度の特性はレーダーとカメラを補完し、自律走行の最高レベル5による完全自律走行を実現する。

amsはオートモーティブグレードのVCSEL(面発光型半導体レーザー)アレイとドライバを提供し、エッジエミッターやLEDといった競合する光源よりも優れた信頼性と安定性を実現。

光ビームの方向を切り替える際に機械部品を必要とせず、信頼性を改善しながら複雑性、寸法、重量、コストを削減できるソリッドステートLiDARにおいて、amsは照明ソリューションを販売する初の企業になる。