グローバル電子 400V直流給電IECコネクタ、国内販売を開始

グローバル電子(東京都新宿区)は、スイス・シュルター社の「400V直流給電IECコネクタGP21/GS21」の国内販売を開始した。

変換・変圧時の電力ロスを最小限にし、部品のコスト削減と故障の脆弱性を回避することができるDC給電方式は、高電圧が必要となる大規模通信システムや産業分野においてもニーズが高まっている。

新製品は、最大定格電圧400VDCに対応し、世界標準となりつつある給電システムHVDC(高電圧直流給電)へのスムーズな移行が可能なIECコネクタ。感電保護クラスⅠに適合し、許容動作温度範囲がマイナス5℃~プラス105℃のGS21(アウトレット)とGP21(プラグ)で構成されている。

DC給電の新しい規格IEC TS62735-1(2.6kW)に準拠しており、通電中コネクタの挿抜ができるホットプラグ対応。

今後、2.6kWのカプラーセットGP21/GS21に、コード保持機構を追加実装する予定。機器側のインレットやコードコネクタは現在開発段階にあり、2021年のIEC TS63236の発行に合わせてリリースを予定している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG