ロボット工業会 実績・見通し発表、産業用ロボ 18年は過去最高

19年は一服も 依然高い自動化需要

ロボット工業会は2018年1月から12月の産業用ロボット受注・生産・出荷実績と19年の見通しを発表し、18年は受注・生産・出荷台数と金額ともに過去最高を記録した。

19年は18年から若干の減少となる見込みだが一時的であり、依然として世界的に自動化需要への関心は高く、右肩上がりが期待される。

 

国内は電子機器 自動車向け好調

18年の実績について、受注台数は24万8283台(17年比5.5%増)、受注額は9623億8400万円(1.9%増)、生産台数は24万339台(2.7%増)、生産額は9116億900万円(3.9%増)。国内と輸出を足した総出荷台数は24万2127台(3.7%増)、総出荷額は9322億9400万円(4.1%増)となった。下期に減速したが、各項目ともに18年を上回り、過去最高だった。出荷額では国内が2ケタ増と堅調に推移し、輸出は下期の減速が響いた。

国内での業種別では、電気・電子機械製造業向けは、出荷台数は2万619台(10.2%増)、出荷金額は1009億5100万円(3.3%増)。マウンター・実装機など電子部品実装用が堅調だったが、クリーンルーム用、半導体製造用は7.5%減と苦戦した。自動車製造業向けは、出荷台数は1万7889台(22.1%増)、出荷金額は765億100万円(17.0%増)し。溶接用が前年比2ケタ増で堅調。トータルでも2ケタ増となった。

国内の用途別では、電子部品実装用が出荷台数1620台(2.5%減)、出荷額321億9500万円(4.6%増)。台数は前年割れだったが、堅調に推移した。溶接用が出荷台数9556台(19.4%増)、出荷金額429億3000万円(8.1%増)。自動車製造業を中心に堅調に推移した。

 

輸出は電子部品実装用が増加中

輸出向けの用途別では、電子部品実装用が輸出台数1万3501台(8.7%増)、輸出金額2152億800万円(13.0%増)。17年に急増して18年も継続。中国向けに下期が減速したが、インドやASEAN各国で大きな伸びがあった。溶接用は輸出台数3万6682台(11.3%減)、輸出金額は945億1700万円(8.4%減)。主要国のアメリカと中国向けで減少し、特にアメリカは金額ベースで25%の減少。ヨーロッパ向けも年後半に減速した。

国別輸出額では、中国が突出して高く、17年・18年は微増となり、2679億6400万円。その他東南アジア諸国での需要が高くなっている。

19年の見通しは、受注額・生産額・総出荷額ともに18年からの減少を見込む。受注額は2.3%減の9400億円、生産額は3.5%減の8800億円、総出荷額は3.5%減の9000億円となる予想だ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG