イグス、エナジーチェーン「横置き型」開発、高速・安全な自動化実現

2019年5月22日

イグス(東京都墨田区)は、スピーディーかつ高頻度で動作するガントリーやリニアロボットなどを使用する自動化向けに、高速で長いストローク用の横置きサイド型のプレーンチェーンを開発。特別に設計された新型ガイドチャンネルに横置きのエナジーチェーンを装備することで、コンパクトでフェイルセーフなエネルギーやデータの供給を実現する。

新製品は、凸型形状のガイドチャンネルに設けた2本の窪みの中を、E6型のエナジーチェーンがする新しいエナジーチェーンソリューション。摩擦係数が低いステンレス製ガイドチャンネルの採用によって、エナジーチェーンの長寿命化にも対応する。また、設置高さが低いため省スペース化も実現。ガイドチャンネル外側にオプションの特殊プラスチック製の防音層を装備すれば、システムの防音性を高めることもできる。

ニーズに合わせて、完全密封型のプレーンチェーンも利用可能。