東洋電機 マルチリレータイプのコントロールセンタ、新時代の運転 保守実現

東洋電機は、多機能でマルチリレータイプのコントロールセンタ「Hシリーズ」を発売した。

新製品は、新しい時代の運転・保守環境を実現し、設備の近代化に役立つマルチリレータイプ。水平母線の縦配列により、大電流・4線式などの幅広いニーズに応えられる。短絡電流に強いL型垂直母線と高機能エンプラ製母線キーパを採用している。

フレームは、盤幅600×奥行き600×高さ2350ミリメートルを基本形としたコンパクトサイズ。配線ダクトを100ミリメートル広げたワイド形、高さを1950ミリメートルとしたロー形も用意される。

段積み数は最大で片面形の場合は9段、両面形の場合は18段、ユニットは片面、両面兼用形になっている。

その他、①付属の編集ソフトを使用してラダー回路を作成、運転・停止指令などを自由に設計できる簡易ラダープログラム機能②スタータユニットサイズ3U以下のユニットを引出し構造とした引き出し式ユニット③2系統のCC-Link通信回路を構築できるCC-Link簡易2重化通信(オプション)-などの特徴がある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG