三菱電機、米・ ICONICSを買収、e-F@ctoryを強化するソフトウエア拡充

三菱電機は、製造現場のシステム監視とプロセス制御を行う SCADA(※1) ・IoT 分析ソフトウエアなどを開発・販売する米国のソフトウエア会社 ICONICS(アイコニックス社)の株式を追加取得し、三菱電機グループとして 100%子会社化する。

ICONICS社のソフトウエア技術と三菱電機の FA技術を融合することで、エッジコンピューティングを含め「e-F@ctory(イーファクトリー)(※2)」を強化するソフトウエア製品の拡充を図るとしている。

同取引は、米国関係当局からの認可取得を前提として、19 年度中に完了する予定。

 


(※1) Supervisory Control and Data Acquisition の略。シーケンサなど FA 機器による生産現場などの監視制御やデータ収集を行うソフトウエア

(※2) FA 技術と IT を活用し、開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減する三菱電機の FA 統合ソリューション

 

ICONICS 社の概要

社名:ICONICS, Inc.
代表者:Russell L. Agrusa
所在地:100 Foxborough Boulevard, Foxborough, MA 02035, USA
設立:1986 年 6 月
事業内容:SCADA 製品の開発、販売、サービス
ホームページ: https://iconics.com/

 

ICONICS 社への出資の狙い

製造業での IoT 化ニーズが高まる中、三菱電機はエッジコンピューティング領域のソフトウエアプラットフォームである「Edgecross(※3)」に対応した各種ソフトウエア製品群を投入し、e-F@ctoryの推進を強化している。

一方、ICONICS 社は、FA・PA/社会インフラ・ビル管理等の幅広い分野向けに、競争力のある監視制御用ソフトウエア製品を開発、グローバルに販売。

三菱電機は今回、ICONICS 社を子会社化することにより、同社の保有するソフトウエアの開発資産、ノウハウ、及びエンジニアを獲得し、e-F@ctory を実現する製品の開発力を強化。これにより、IoT 化などのさまざまなニーズに対応したソフトウエア製品を提供することで、製造現場でのデータ活用による生産性や品質のさらなる向上に貢献するとしている。


(※3) FA と IT を協調させるオープンな日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウエアプラットフォーム

 

出典:三菱電機「米国 ICONICS,Inc.買収に関するお知らせ」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG