NEC デスクトップ型ファクトリコンピュータ、安心の長期供給と保守

2019年4月10日

NECは、5年間の長期供給と、供給終了から最大10年間の長期保守を行うデスクトップ型ファクトリコンピュータの新製品「S36W」「S37K」「D28U」の3機種を発売した。

大規模な社会インフラシステムの整備や、工場や生産現場へのIoTシステムの導入には、大容量データを高速処理し、安定した稼働ができる高性能な産業用コンピュータが必要とされている。

新製品は、最大4台のディスクが搭載でき、重要なデータを安全に管理し、画像情報などの大容量データの蓄積も可能。ディスクの種類は、従来の500GB HDDに加え、大容量の2TB HDDや100GB/500GB SSDが選択でき、さらに、多様なRAID構成やホットスペアにも対応する。

グラフィックボードなど補助電源を必要とする拡張ボードの搭載も可能なため、需要が拡大している高精細な画像データや大量の映像データの高速・高精度な処理も実現。

上位機種のS36Wは、処理機能が従来比で約1.2倍向上。また、新たに10GBASE-TのLANボードが追加でき、大容量データの高速通信が可能となる。耐振動や耐ノイズなど、過酷な利用条件下にも対応。

販売目標は、今後5年間で50億円以上。