「JECA FAIR 2019」5月22日から3日間開催、過去最大751小間

未来を変える技術・製品が多数

国内最大の電気設備機器・資材・工具などの関連総合展示会である「JECA FAIR 2019 第67回電設工業展」(主催=日本電設工業協会)が、5月22~24日までの3日間、東京ビッグサイト(西1、2ホール、アトリウム)で開かれるが、このほど開催概要が固まった。

2月27日現在の出展者数は238社(751小間)で、小間数では過去最大、社数では過去2番目の規模となった。このうち新規出展が33社で、海外からも新規3社を含め6カ国から8社が出展する。

今回の展示会テーマは「新たな一歩!踏み出す力!電設技術が未来を変える!」。ワークライフバランス、働き方改革が求められる中で、国土強靭化に向けた防災・減災に向けて工事現場の省力化への取り組みが進んでいる。JECA FAIRでは、電気設備機器の技術革新を通じて日本の未来を変えることを目指している。今回も、昨今のエネルギーに関連した技術・製品が多数展示されることが見込まれている。また、このところ継続している「復興支援コーナー」を設け、出展製品の中から災害時に役立つ電気設備製品を紹介と被災地の物産品の販売・飲食スペースを提供する。

 

例年好評を得ている特別講演会は、ビリギャルで知られている小林さやか氏が「やってみなきゃわかんないしょ」と題して5月22日に行う。

さらに、恒例の「第58回製品コンクール」を開催して、優秀な資機材を表彰する。

そのほか、電気設備業界の将来を担う優秀な人材確保に向けた「電気設備業界プロモーションコーナー」、新築ビルディング電気設備データベースPRコーナー、「出展者プレゼンテーションセミナー」、スタンプポイントによる「お楽しみ抽選コーナー」なども企画。

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る