CKD 欧州規格適合の助力装置、搬送作業へ高追随性

CKDは、空気圧を利用したパワフルアームグローバルモデル「PAWシリーズ」を1月23日に発売した。

パワフルアームは、空気圧を利用して下から持ち上げる方式の助力装置で、「働く人のために」をコンセプトとして作業負担軽減や作業者の安全確保に貢献している。

新発売のPAWシリーズは、欧州安全規格CEマーキングに適合した高い安全性を実現し、関節部分への指などの挟み込みを防ぐデザインや、空気圧が遮断されたとしても本体の姿勢を保持する仕様となっている。

本体部には空気圧シリンダを内蔵し、関節部にベアリングを設けることで滑らかな操作が可能となった。また、多軸使用でも折りたためるのでコンパクトに格納でき、現行機種と比べてモーメント許容値が約40%向上したため、より遠くへ重量物の搬送が可能。

主な用途は、自動車用部品など重量物の持ち上げ作業、工作機械治具交換など狭い空間への重量物の横方向搬送作業、ネジ締め・溶接作業用工具の持ち上げ補助など。

サイズは、φ80、φ100、φ125の3サイズ。可搬重量は最大80キログラム。標準価格は90~300万円。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る