オプテックスグループ 19年12月期予想、売上・利益過去最高更新

2019年2月27日

FAなど3事業で拡販へ オプテックスグループは2019年12月期の業績を、売上高430億円(前年度比7.2%増)、営業利益53億円(同6.2%増)、経常利益54億円(同7.2%増)に設定した。「市場環境からみるとチャレンジャーな数字で、特に上期が厳しい」(小國勇社長)としながらも、防犯、FA、マシンビジョンの3つの事業で拡販を進める。 防犯事業では、カメラ付きセンサの販売を今年4月から欧米市場から開始する。また、国内では屋外警戒用センサの空港、防衛施設、発電所、港湾などのハイエンド市場での拡販を進め、シェアトップを目指す。 FA事業では、変位センサのラインアップを充実してシェア拡大を図るととも…