横河電機 プローブ形レーザガス分析計、機器設置コスト半減

横河電機は、石油、石油化学、電力、鉄鋼などのプラントで、酸素や一酸化炭素ガスの濃度を直接かつ高速測定するプローブ形レーザガス分析計「TDLS8100」を開発、1月23日から発売した。

レーザ式のガス分析計は、サンプリング装置がいらず、測定値の繰り返し性と直線性に優れている特長があるが、設置の際には発光部と受光部の双方にフランジを取り付ける工事や足場の設営が必要となり設置コストがかかる。

新製品は、発光部と受光部を一体化したプローブ形を採用し、一般的なレーザガス分析計と比較して、設置コストを2分の1以下に抑えることが可能。フランジの取り付けや常設の足場が1カ所になり、専用線敷設用仮設足場も不要となる。ガス分析計1台当たりのメンテナンス箇所も1カ所となり、発光部と受光部が分かれた透過光形の測定器に欠かせない光軸を調整する作業も不要となる。

また、スペクトル面積法の採用により、ガスの圧力、温度が変動する環境下での測定や、他のガスが混在するガスやダストを含む測定でも安定した濃度測定が可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG