オムロン 金型加工をIoTで支援、切削最適制御サービス提供開始

2019年2月6日

オムロンは、モノづくり現場の知能化を推進する独自のIoTサービス「i-BELT」の第3弾として、「金型加工の切削最適制御サービス」の提供を2月から開始した。 金型製造における最適な加工条件の設定は難しく、生産性を上げるためにワークの送り速度を高めて工具が折損してしまい、ダウンタイムにつながる場合などがある。そのため、熟練技術者による経験と勘が不可欠となっているが、近年の人手不足や技能継承の課題があり、熟練技術者の技能を効率的に再現する仕組みが必要となっている。 金型加工の切削最適制御サービスは、2016年から同社が実証実験を重ねてサービス化したもの。熟練技能者が工作機で金属を切削する際に、設備…