【各社トップが語る2019】ヤマハ発動機、トータル提案の強み活用

2019年1月16日

執行役員 ソリューション事業本部長 太田 裕之 2018年は良い年だった。上期は部材供給不足等で苦しんだが、引き合い自体は強い状態だったので大きな心配はしていなかった。足元を見ると、米中貿易摩擦の影響は少し出て、様子見が広がっている感はある。中国は就労可能人口が減り、工場で働きたい人も少なくなっている。世界的に自動化ニーズが高まっているのは好材料だ。 ロボティクス事業の売上高は、18年度は730億円を見込んでいる。19年は自動車関連は強く推移し、5Gが追い風になるだろう。新機種の投入とプラットフォーム化を進めながら展開する。21年度には1015億円を目指す。 SMT(表面実装機)は、スマホの比…