【各社トップが語る2019】川崎重工業、総合ロボットメーカーへ

精密機械・ロボットカンパニーロボットビジネスセンター センター長 執行役員 藤田 晋二

2018年は、半導体製造装置向けロボットは足元低調だが、自動車向け塗装ロボットや一般産機向けロボットは引き続き好調に推移し、総じて良い年となった。

人共存可能な双腕スカラロボット「duAro(デュアロ)」シリーズは、6月に「duAro2」を加えて新たなラインナップを揃えた。あらゆる業界で発生しうる出荷工程での箱詰め作業での活用など、電子・電機業界、食品業界だけでなく、物流業界からも注目を浴びており、引合いも増えている。

また、ABBとの協働ロボット分野における協業については、世界で初めて共通の協働ロボットオペレーティング・インターフェイスを開発し、ひとつの成果を挙げた。労働力不足解消の一翼を担い、急速に成長する協働ロボット需要に応えるべく、多くのユーザーにとってより使いやすいロボットを提供することで社会に貢献していきたい。

19年は先行きに不透明感が出始めているが、底堅く推移すると見ている。期待する製品としては、遠隔協調で熟練技術者の動きを再現するロボットシステム「Succesor(サクセサー)」は業界初の製品であり、様々な業界・顧客から非常に高い関心、お問合せをいただいている。現在は西神戸工場のロボット塗装ラインへの導入計画があり、19年度に一般販売を開始する予定だ。

また、医療向けロボット(19年度発売予定)やヒューマノイドの開発など新たな分野にも注力する。ヒューマノイドは昨年11月のWRS(World Robot Summit 2018)で多くの注目を集めて好評だった。

高齢化社会を迎えロボットへの期待がますます高まる中、当社は「産業用ロボットメーカーから総合ロボットメーカーへ」の変革を標榜し、様々な課題に対しソリューションを提供すべく挑戦し続ける。同時に多くの皆様にロボットをもっと身近に感じていただけるよう努めていく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG