【各社トップが語る2019】ABB、日本一の面倒見の良さへ

2019年1月16日

ロボティクス&モーション事業本部 ロボティクス事業部 中島 秀一郎 2018年はグローバル、国内ともに順調。国内は食品・薬品・化粧品の三品産業、自動車、自動車部品、金属加工が好調だった。6月オープンの金属加工と自動車部品に特化したアプリケーションセンター中日本も予約で埋まり順調。協働ロボット「YuMi」も製造ラインに入り込み、リピートも増えている。 特に三品産業は、2・3年前は当社が引き合いを取りに行かなければいけなかったが、今ではユーザーからの問い合わせが増えてきた。三品産業だけで500件以上のピッキングテストを国内で行った実績と、ハンドまで一緒に考える「日本一面倒見の良いロボットメーカー」…