コンテック パルス計測オプションボックス、計測機能を拡張

コンテック(大阪市西淀川区)は、従来の計測装置に接続して売電電力量、買電電力量が計測できるオプション製品を開発、「SolarViewシリーズ」の新製品としてパルス計測オプションボックスの受注を2018年12月から開始した。

新製品は、太陽光発電計測システム「SolarView Compact/Air」とイーサネットで接続し、パルス入力信号と接点入力信号を拡張するオプションボックス。屋外設置が可能な樹脂キャビネットに収納しているため、そのまま追加や分離設置ができる。パルスや接点情報の計測設定は、SolarView Compact/Airの設定画面から行え、容易に売電・買電の電力量が計測可能。

太陽光発電計測監視システムは、発電周辺設備や売電電力量、買電電力量など、計測対象が多い場合は大掛かりな計測システムとなることが多い。

新製品はSolarView Compact/Airと組み合わせることで太陽光発電計測監視システムの標準化とコストの低減を実現し、従来型の計測装置からのリプレイスも容易に行うことができる。

パルス信号入力は2点、接点信号入力は最大8点、サーキットプロテクタや端子台など、盤内配線や機材組み付け済み。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る