【賀詞交歓会】SEAJ、マルチドライバー牽引

日本半導体製造装置協会(SEAJ)は1月10日、東京・千代田区の如水会館で新年賀詞交歓会を開催した。

辻村学会長が登壇し「一昨年、昨年と半導体とFPD製造装置市場は歴代最高を更新してきた。しかし山は登れば下りもある。この先の状況を見極めて行かなければならない。半導体市場はこれまでパソコンやスマートフォンだけが引っ張るシングルドライバーだったが、IoTやAIなどが加わってマルチドライバーとなっている。私はそれらをICAC5(IoT、Cloud、AI、CAR、5G)というスローガンを作って業界で宣伝している。昨年は予測困難な時代に突入したが、不確実だということだけは確実。その道標を作ることが大事だ」と話し、恒例となっている学の法則「半導体は人間の欲求のある限り永遠に不滅です!そして、それを支える半導体製造装置協会も不滅です!」を披露してあいさつを締めた。

その後、半導体・FPDと製造装置の主要企業のトップが壇上で鏡割りをして2019年のはじまりを祝った。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG