沖電線 最長伝送距離40メートル、光ケーブルを開発

2018年12月12日

沖電線は、最長伝送距離40メートルの「Camera Linkアクティブ光ケーブル」を開発、画像検査装置分野に向けて2019年2月から出荷を開始する。 Camera Linkは、画像データで形状認識や外観検査などを行うマシンビジョンシステムのカメラ用インターフェース規格として広く普及しているが、一般的なメタルケーブルはCamera Linkの最大伝送速度を適用すると伝送距離が7m程度に制限される。長い距離が必要な大型機器の装置設計には自由度が阻害される要因となっていた。 新製品は、電磁的ノイズに強い光ファイバー伝送で、最長伝送距離40メートル、EFT/B試験レベル4を満たす耐ノイズ性能、摺動屈曲…