ヤマザキマザック、IoTを活用した総合サービス 19年4月から提供開始

2018年11月5日

~コネクティッド・サービスを進化~

ヤマザキマザック(愛知県大口町)は、IoTを活用した総合サービス「Mazak iCONNECT(マザックアイコネクト)」の提供を2019年4月より開始します。

マザックは1998年に「オンライン・サービスサポートセンタ」を設立し、業界初となるテレフォン・サービスサポートを開始しました。さらに2004年には、コネクティッド・サービスの先駆けともいえる、お客さまに納入された工作機械を携帯電話回線でサポートセンタに接続する保守監視サービス「Maza-Care(マザ・ケア)」を開始し、24時間365日対応のサービスサポートを提供してきました。

昨今、製造業の現場においては生産技術や加工技術、保全など各領域で熟練作業者が不足しており、生産設備の選定・立上げから保守保全まで製品のライフタイム全体をカバーするサービスサポートが設備機器メーカーには求められています。

 

このような中マザックは、ビフォアサービスからアフターサービスまでのすべてを「Mazak iCONNECT」として統合、さらに最新のIoTを活用して、お客さまと工作機械、そしてマザックのサポートセンタとをつなぐコネクティッドサービスを進化・拡充させ、2019年4月より提供を開始します。

「Mazak iCONNECT」ではIT、ネットワーク機器のグローバルリーダであるシスコシステムズ社の技術協力の元、開発したクラウド・プラットフォームを新たに採用、これまでよりも大容量のデータを高速かつ安全に通信することが可能となり、従来以上に充実したサービス・サポートの提供を実現します。

「Mazak iCONNECT」を通じて、お客様はマザック製の「工作機械とつながる」ことで、稼働状況をWeb上で把握することや、CNC装置内のデータをクラウドへバックアップすることなどが可能となります。さらに、各種ソフトウェアのダウンロードやマザックのサポートセンタとのWEBチャット機能など、「マザックとつながる」ことで、さまざまなサービス・サポートを受けることができます。

 

「Mazak iCONNECT」は、高額なソフトウェアを購入することなく、比較的安価な定額費用のみでクラウドサービスをはじめとした各種サービスの利用が可能です。またクラウド経由でサポートメニューを順次追加・アップデートし進化させていくことで、お客様は常に最新の機能を利用することができます。

マザックは、「Mazak iCONNECT」を工作機械のコネクティッド・サービスとして常に進化させ、お客さまの生産性向上や省人化に役立つサービス・サポートを提供していきます。

 

▼IoTを活用したマザックの総合サービス「Mazak iCONNECT」の特長

  • ビフォアサービスからアフターサービスまで、さまざまなサービスサポートを統合
  • お客さま、マザックの工作機械、そしてマザックのサポートセンタとをIoTを活用してつなげ、お客様の生産性を高めるコネクティッドサービスを提供
  • シスコシステムズの技術協力の元、開発したクラウド・プラットフォームを新たに採用、これまでよりも大容量のデータを高速かつ安全に通信することが可能となり、従来以上に充実したサービス・サポートの提供を実現
  • クラウド経由でサポートメニューを順次追加・アップデートし進化をさせていくことで、お客様は常に最新の機能を利用することが可能
  • 高額なソフトウェアを購入することなく、比較的安価な定額費用のみでクラウドサービスをはじめとした各種サービスの利用が可能

 

出典:ヤマザキマザック「IoTを活用した総合サービス『Mazak iCONNECT』2019年4月より提供開始」