リンクス 産業用IoT導入支援でSCADA提案強化

リンクスは、製造業企業の産業用IoTの導入とスマートファクトリー化の関心の高まりに対し、SCADAの導入促進を支援していく。

同社は昨年からオーストリア・COPA-DATA社製SCADA「ZENON(ゼノン)」の日本総代理店となり、日本で営業活動を展開中。ゼノンは大手SCADAとしては唯一、制御機器メーカーに買収されていない独立系であり、BMWやフォルクスワーゲン、ボーイングといった自動車や航空機メーカーから、サウジアラムコ、ロシュ、ポスコといった石油化学、医薬品、鉄鋼大手などでも採用され、90カ国・10万システム以上の導入実績がある。

 

同社はSCADAの役割について、MES(製造実行システム)とPLCの間に入り、フィールド機器からPLC、MES、ERPへの縦軸をつなぎ、同時に製造現場で起きるさまざまな要求を満たすプラットフォームと位置づけ、「インダストリアル・ソフトウェア・プラットフォーム」と表現している。

例えば、収集したデータの蓄積とタイムスタンプによる情報整理、見える化、製造履歴の管理、チョコ停や故障原因の分析など。国内では大塚製薬でのテストが開始され、自動車メーカーでも検討が進んでいるという。

村上慶代表取締役社長は「日本の工場ではMESとPLCを直接つなぎ、その間を技術者の優秀さでカバーしてきた。また作業指示や作業記録を手書きで行ったため、その履歴がシステムにも残らなかった。今後は人とシステムを一体化し、きちんと履歴を残すことが重要。SCADAは単なる見える化ツールではない」と話している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG