日本シュトイテ ワイヤレス・ハンドコントロール「RF HB SW922-4CH」

4つの機能を無線で操作

日本シュトイテはJIMTOFで、同社の強みでもあるsWaveワイヤレス技術を使った製品のひとつとして、ワイヤレス・ハンドコントロール「RF HB SW922-4CH」を中心に展示する。小間番号は西4ホールW4067。

ワイヤレス・ハンドコントロールは、4つの機能を持つキーパッドスイッチが付いており、受信機側では個別の信号として処理することで、工作機械等の装置の設定や製造ラインでの人の呼び出し・操作、表示板に何かを表示させるといった用途で使用されている。

出力信号は受信機での簡単なプログラム操作設定でできる。本体は、ABS製で周囲にゴムシーリングすることで、IP54の保護構造と耐衝撃性を実現している。

また、動作環境はマイナス20~プラス65℃と広範囲で、交換可能なリチウム電池を使用することで、80万回の送信が可能。

無線周波数はサブギガ帯の916.5MHzを使用し、電波範囲は最大で屋外が150メートル、屋内が20メートル。

サイズは、縦87.9×横48.2×奥行き30ミリ。

https://www.steute.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る