「第9回 Japan IT Week 秋 2018」10月24日(水)~26日(金) 幕張メッセで開催

過去最多750社が出展

注目はAI・ビッグデータ
10展で構成 各企業への技術導入の場

今年の下半期最大級のIT専門展「第9回 Japan IT Week 秋 2018」(主催=リード エグジビション ジャパン)が、10月24日(水)~26日(金)まで幕張メッセ(4~7ホール)で開催される。

開場時間は10時~18時(最終日のみ17時まで)、入場料5000円(招待券持参者は無料)。

会期中は、5万人の来場が見込まれる。

 

同展は、10の専門展で構成されており、「第9回 クラウドコンピューティングEXPO 秋」「第8回 情報セキュリティEXPO 秋」「第8回 Web&デジタルマーケティングEXPO 秋」「第8回 モバイル活用展 秋」「第7回 データセンター展 秋」「第7回 ビッグデータ活用展 秋」「第6回 通販ソリューション展 秋」「第4回 IoT/M2M展 秋」「第2回店舗ITソリューション展 秋」「第2回 AI・業務自動化展 秋」と、IT専門の展示会が幕張に集結する。

開催ごとに出展社数は増加を続け、今回は、前回より100社増の過去最多750社が出展する。

「こんなに多くの人が集まるのを初めて見た」という声が上がるほど毎回盛況の同展は、全国各地から企業の情報システム部門や経営企画部門、マーケティング部門などの担当者が多数来場。最新製品が見られる展示会というだけでなく、各企業への技術導入の場としても注目されている。

今回の見どころは、人手不足が深刻化している今だからこそ導入を考えたい「AI活用」と「ビッグデータ活用」。「気にはなるが何から始めればいいか分からない」という疑問や課題を解決するヒントが満載の展示会となっている。

 

第9回クラウドコンピューティングEXPO 秋

「クラウドコンピューティングEXPO」は、クラウドコンピューティングに関する製品やサービスが一堂に集結。プラットフォーム、ERP、グループウェア、営業支援、ワークフローなどを取り扱うメーカーやSI企業が出展する。

第8回情報セキュリティEXPO 秋

「情報セキュリティEXPO」は、情報セキュリティ対策のあらゆる製品を集めた専門展で、サイバー攻撃対策、標的型攻撃対策、情報漏えい対策、IT資産管理、モバイルセキュリティなどを紹介する。

第8回Web&デジタルマーケティングEXPO 秋

「Web&デジタルマーケティングEXPO」は、マーケティングオートメーション、AI活用、SNS活用、アドテク・動画広告などを扱うメーカーやコンサルティング会社が集合。

企業のWeb部門やマーケティング部門、広報・宣伝部門、営業企画・営業推進部門の責任者や担当者が来場し、毎回活発な商談が行われている。

 

第8回モバイル活用展 秋

「モバイル活用展」は、モバイルに関するソリューションやサービスが出展され、モバイルを活用した業務支援(営業支援、保守・点検、在庫管理)や働き方改革、アプリ開発、モバイル端末・周辺機器などがそろう。

第7回データセンター展 秋

「データセンター展」は、サーバ、ラック、UPSといったデータセンターファシリティ、ネットワーク機器など、データセンター構築や運用に関わるソリューションを集めた専門展。

新規データセンター構築の相談や課題についての相談、見積もり・導入時期の打ち合わせなどを展示会場で直接行うことができる。

第7回ビッグデータ活用展 秋

「ビッグデータ活用展」は、近年注目を集めているビッグデータの基盤技術から活用ソリューションまで、あらゆる製品やサービスが集合。

BI/可視化ツール、分析ツール、データ管理、サーバ・ストレージ、活用ソリューションなどを扱うメーカーやSI企業が出展する。

 

第6回通販ソリューション展 秋

「通販ソリューション展」は、通販事業をサポートするあらゆるシステムやサービスを一堂に集めた専門展。

第4回IoT/M2M展 秋

「IoT/M2M展」は、IoT/M2Mシステムを構築するために必要な製品やサービスが集結。通信モジュールから遠隔監視、位置情報管理、生産管理、AI、プラットフォームなど、展示会場ではデモを見て比較検討したり、自社の課題についての相談などが行える。

第2回店舗ITソリューション展 秋

「店舗ITソリューション展」は、店舗運営・集客ソリューションやオムニチャネル、POSシステムなど、店舗のIT化に特化した製品やサービスが出展される。

第2回AI・業務自動化展 秋

「AI・業務自動化展」は、AI(人工知能)技術、ディープラーニング支援、RPA・業務代行ロボット、チャットボットなど、業務を効率化する自動化ソリューションが勢ぞろい。各社の特徴や最新技術を比較し、いろいろ質問できる絶好の機会といえる。

 

業界トップによる30講演

併催セミナーでは、製造系IoT、AI、IT活用、デジタルマーケティング、働き方改革など、話題のテーマで30講演を実施する。

基調講演では、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント取締役の鯉渕健氏による「すべての人に移動の自由を~TRI-ADが考えるクルマとITの未来~」と、ソニー執行役員の川西泉氏による「aiboから見るソニーのAIロボティクス事業への取組み」が行われる。

特別講演は、DataRobotによる「AIが自動化してくれる業務、AIだけでは自動化できない業務」、インテルによる「IoTにおけるエッジコンピューティングからの可能性」、大日本印刷による「顧客の感動体験を創出する ビッグデータ活用法」など、各社のキーパーソンが普段聞けない話を披露。

このほかにも、富士通の「IoT/AIを活用したインテリジェントファクトリー最前線」、村田製作所の「工場のIT化に向けて~生産性向上ソリューション導入事例を踏まえて~」、GEヘルスケア・ジャパンの「デジタルとIoTによる生産最適化の実現~“カイゼン効果”の倍速化するGE日野工場のBrilliant Factoryの取組み~」など、業界第一線で活躍する講師が最新の技術動向や事例を紹介する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG