横河計測 クラス最高の電力測定器、電力基本確度±0.03%

2018年10月3日

横河計測(東京都武蔵野市)は、電力基本確度がプラスマイナス0.03%という世界最高クラスの測定精度を有するプレシジョンパワーアナライザ「WT5000」を開発、10月11日から発売する。 産業界では、EV、PHV/PHEV、燃料電池車、太陽光発電や風力発電向けなどの再生可能エネルギー関連機器の開発が加速しているが、これらの装置や自動車のさらなる省電力化、高効率化を実現するには、わずかな改善効果を正確に評価するため、より高精度な電力測定器の需要が高まっている。 新製品は、電力基本確度がプラスマイナス0.03%、直流電力確度がプラスマイナス0.07%、低力率時の測定確度がプラスマイナス0.02%を実…