サトーパーツ ネジ式パネル貫通・プリント基板実装端子台新シリーズ

2018年10月3日

保護カバー色をブルーに変更、定格電流も5Aアップ サトーパーツ(東京都文京区)は、ネジ式パネル貫通・プリント基板実装端子台の新シリーズとして「ML-77A/77Bシリーズ」を9月から販売を開始した。 同社の中核機種「ML-41/51シリーズ」の定格アップと端子カバーの改良で省スペース化と省工数を実現している。 端子間ピッチ7.62ミリのML-77Aは定格電流を従来の10Aから15Aに、10.16ミリのML-77Bを同20から25Aにアップさせた。端子の沿面距離の工夫で5Aアップを実現したもので、より大電流用途での使用が可能になる。 また、配線端子部を保護するカバーの色を透明からブルーに変更する…