CONTA-CLIP 「ケーブル・エントリー・システム」フラットケーブル簡単挿入

独・CONTA-CLIP社は、フラットケーブルを簡単に挿入できるケーブル・エントリー・システム「KDS-FB」を発売した。

一体型フレームを、筐体や分電盤キャビネットの開口部に外側からねじ止めし、シール・エレメントの穴にケーブルを通して、フレームのスロットに内側から挿入するだけの簡単に組み立てできるシステムになっている。

フレームにはTPE(熱可塑性エラストマー)製ガスケットが一体成形されているため、高い保護等級であるIP66を実現。シールエレメントは、外側の波型カットと内側のケーブル導入穴が完全にフィットするため、高い防水性を発揮する。

 

フレーム幅は4種類で、フラットケーブルと丸ケーブルに対応したさまざまな分割・組み合わせに対応。さらに、最小のサイズのケーブにはシールエレメントを膜状にするなど革新的なソリューションも用意。このシールはブランク・プラグとしても利用ができる。

シールエレメントは工具を使わずに交換が行えるため、詳細な仕様を事前に把握しなくても、後から配線することが可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG