Check !!

ビーランド・エレクトリック 施工時間70%削減、フラットケーブルシステム

誤配線防止も

ビーランド・エレクトリック(横浜市港北区)は、搬送装置のコンベア向けなどに最適な電源供給フラットケーブルシステム「Podis(ポディス)」の拡販に注力している。

生産ラインや搬送ラインへの電源供給ケーブルの配線作業を大幅に軽減できるPodisは、フラットケーブルのどこからでも電源の取り出しが可能なモジュールシステム。

同社の独自のピアシングテクノロジーを使った接続方法により、モジュールにフラットケーブルを通し、ネジ締めを行うだけで接続が完了する。

 

また、配線時に必須であったケーブルの被服剥き作業が不要で、しかも誤配線を起こさない構造にもなっているため、施工時間を約70%(同社従来品比)の大幅な削減が可能。

しかも、フラットケーブルのどこからでも電源の取り出しができることは、ラインの変更・改修にもフレキシブルに対応でき、保守などが容易になる。

さらに、回路作成ソフトウエア「PodisPLAN」を使用して、ケーブルや装置の仕様(電流・電圧値など)を入力すると、電圧降下、短絡電流などを自動的に計算できる。

すでに、世界各国の自動車の生産ライン、空港の手荷物搬送装置、物流倉庫、包装機械、食品機械、風力発電などで採用され、高い評価を得ている。

 

主な仕様は次の通り。

【フラットケーブル】
▽定格電圧=750V▽極数=7極×2.5、7極×4▽保護等級=IP65▽規格=VDE、UL

【取り出しモジュール】
▽定格電圧・電流=500V20A▽タイプ=ボックス、コネクタ▽モータースタータ機能内蔵

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG