Check !!

横河計測 光パワーを計測、光センサヘッド登場

横河計測(東京都武蔵野市)は、同社の光通信関連機器用マルチアプリケーションテストシステム「AQ2200シリーズ」の新ラインアップとして、高確度で高安定に光パワーを測定する光センサヘッド「AQ2200-242」を8月31日に発売した。

需要が年々増加している光通信ネットワークに必要な光トランシーバの生産ラインは、試験の効率化のため、作業者の手元に光センサを配置する空間光の手元測定や、I-L特性の高速測定が求められており、データセンター内においては、安価でかつ高速化が可能な短波長帯光通信が多く使用されている。

新製品は、光トランシーバや光ファイバなど、光部品の生産ラインにおける試験・検査システムに最適な光センサ。シンプルな光学系、受光素子の恒温制御などにより環境依存度を抑え、パワー測定時の不確かさ性能は業界最高クラスのプラスマイナス2.5%。光パワーの校正用基準器としても使用ができる。

また、400~1100ナノメートルの波長の光パワー校正が可能で、短波長帯光通信で使用される光トランシーバなどの生産ラインでの試験・検査に対応。5.8×5.8ミリメートルの受光素子を搭載し、手元での空間光の測定を可能にする。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG