日本モレックス 電線対基板用コネクターシステム、2ミリピッチ追加

日本モレックス(神奈川県大和市)は、105℃の動作温度と1.5Aの電流定格に対応する電線対基板用コネクターシステム「Micro-Lock Plus」に、2ミリメートルピッチ製品を追加、ラインアップを拡充した。

Micro-Lock Plusは、コンパクトサイズでありながら高い接続信頼性を有しており、クリック音で嵌合を確認できるポジティブロック機構や堅牢な金属製はんだタブ、2つの接点で接合するデュアルコンタクト端子によって確実な嵌合を実現。最高105℃の動作温度に対応するため、自動車のステアリング内部の配線などにも適用する。

新製品は、端子の素材に錫-ビスマスを採用しており、短絡(ショート)の原因となるウィスカ(ヒゲ状の金属結晶)の生成を防止。ノイズや途切れのない信号を可能とし、端子の耐久性と信頼性向上が図られている。極数展開は2~16(1列品)、ヘッダーはストレートとライトアングルの双方を用意。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る