ギークプラス、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車製造工場へ導入

2018年9月7日

ギークプラス(千葉県印西市)は、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場(愛知県豊田市)に導入いたしました。

ギークプラスは、トヨタ自動車の推進する自動車製造工程における自動化に対し、更なるソリューションの提供により、同社事業の発展に貢献いたします。

▲SLAM式AI搬送ロボット 活用イメージ

▲EVE SLAM型 製品単体

 

SLAM式AI搬送ロボットについて

今まで、工場の製造ラインに部品を供給する際は、鉄製のレールや、マグネットテープ、天井面にレールを這わせたAGVを使用することが一般的でした。しかし、ルートが単一化されてしまうため、ルートの変更が困難であり、またフォークリフトや人が通れないなどの欠点がありました。

本製品は、ロボットが周囲の状況を確認しながら最適なルートを走行する「SLAM方式※」を採用することにより、工場の床面の工事をすることなく、商品、部品など様々な商品を作業者の手元まで搬送できるロボットです。また、高性能レーザーセンサーによる障害物検知機能を搭載しているため、作業者とフォークリフトとの安全な共存を可能にいたしました。

海外では、現在までにドローン製造最大手のDJIなど様々な工場の製造工程の自動化に活用されています。

※ SLAM方式とは、レーザーセンサーにより、自己位置推定と環境地図作成を同時に行うことで、従来必須だったロボット誘導用ラインが不要になり、作業工程毎にいつでもロボットの移動経路変更が可能となる新しい経路選定方式です

 

SLAM式AI搬送ロボットの特徴

1. 床面に工事が不要
EVE SLAM型は、床面への工事が一切不要で、ロボット導入のために倉庫を空ける必要がありません。そのため、現在のレイアウトのまま大幅な工事をすることなく、ロボットの導入が可能です。

2. ルートを自由に設定
EVE SLAM型は、レールやマグネットテープなどの設置が不要であるので、ルートを自由に設定することが可能です。また、システム上でルートを容易に変更することができるので、製造工程の変更や作業場所の変更に応じて、柔軟に対応できます。

3. 人とロボットの共存が可能
EVE SLAM型は、障害物自動回避機能や障害物検知時の停止機能を搭載しており、工場内、倉庫内で、人とロボットの共存を可能としております。

また、1つのマップを複数のロボットが同時に確認することができるGeek+独自のマッピングシステムを開発いたしました。これにより複数台のロボットを導入した際にも安定した走行を可能としております。

 

4. 様々な搬送に対応
EVE SLAM型は、200kg、500kg、1,000kg搬送可能な3種類のロボットを用意しており、商品に合わせて、ロボットの選択が可能です。

また、ロボット上部に様々なアタッチメントの取り付けが可能です。これにより、パレットやカゴ台車の搬送、コンベアからのコンベアへの商品の移動、人に追従したピッキング作業など様々な搬送に対応しております。

5. 棚搬送ロボット「EVE」との流用が可能
EVE SLAM型は、以前より販売している棚搬送用ロボット「EVE」への流用が可能です。

棚搬送ロボットと併用することにより、作業進捗や物量波動に応じて棚搬送、パレット搬送など作業内容を切り替えて使用ができます。

また、EVE SLAM型は、「EVE」をベースとしておりますので、リーズナブルな価格で提供が可能です。

参考:ギークプラス