オリックス AI搭載搬送ロボットのレンタル開始

オリックス(東京都港区)とオリックス・レンテック(東京都品川区)は、棚入れやピッキング作業の一部を自動化する、ギークプラス社製「AI搭載 自動搬送ロボット EVE」のレンタルサービスを開始した。

両社は、2018年5月からオリックスが開発する物流施設のテナントへ、物流ロボットを6カ月間無償で提供するレンタルサービスを共同で行っているが、今回、EVEがラインアップに加わったことにより、同サービスは7メーカー8機種の取り扱いとなる。

EVEは、商品が並ぶ棚の下部に潜り込み、棚自体を作業員がいるワーキングステーションまで自動で移動させるため、作業者の身体的負荷や作業効率の向上が見込まれる。省エネ設計により、30分の充電で10時間の稼働が可能となっている。

また、EVEを制御するシステムは、商品の入出庫データを蓄積・分析し、頻繁に移動する棚は作業員の近くに自動で配置を変更するなど、常に現場のレイアウトの最適化が図れる。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る