リタール エッジデータセンターソリューション スマートパッケージ、エッジデータセンターを1台で

リタールは筐体のグローバルトップメーカーとして、クーラーから遠隔管理、消火装置までの機能をラック1台に装備可能な、スマートパッケージを提供している。小規模なデータセンターであり、製造現場のIoT化を下支えするエッジデータセンターの構築を可能にする製品だ。

同パッケージの耐震19インチラック「TS IT」は、700キログラム耐震荷重の屈強な堅牢性を有し、必要最低限の工具で設置が可能な利便性も兼備、あらゆる場所に設置可能。さらに、同パッケージはガラスドアを採用しており、IP55の密閉構造で、埃や湿気をシャットアウト。

しかも、高効率静音型クーラーをルーフ上にマウントし、ラック内を局所冷却することで省エネ効果を発揮するとともに、サーバールームが不要のため、工事費の節減と短期での稼働を実現。

さらに、ラック監視システムCMC-Ⅲによるドア開閉、温湿度、電源、衝撃などの状況を感知し、不正アクセスの監視や遠隔操作など、高い物理的セキュリティ性に加え、消火剤novec1230を使用した消火装置DETACの装備することで、万一の失火対策にも対応。

https://www.rittal.com/jp-ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG