イグス 樹脂製開放型のガイドチャンネルを開発

2018年8月22日

イグス(東京都墨田区)は、垂直型専用の新型ガイドチャンネル「ガイドライトGLV」を開発した。 従来の一般的なガイドチャンネルは板製のカバー型のため、取り扱いや取り付けに手間がかかり、エナジーチェーン(ケーブルキャリア)の運転音が反響するということがあった。 新製品は、板で覆うことはせず、さ2000ミリメートルの樹脂製開放型ガイドレールを採用。開放型の構造により反響音が低減し、エナジーチェーンが秒速7メートルで速運転する場合でも運転音は低く抑えられる。さらに、優れた振動吸収性と、片手でできる特殊ねじをレールの固定に採用しているため、ねじ受け具が不要となっている。 また、部品の落下などによりケーブ…